• 診療時間
    平日 9:00~12:00/15:00~19:00
    土曜 9:00~12:00/14:00~17:00
    定休日
    日・祝・水曜午前
  • 予約優先 0535237688
  • line
  • MENU

新着情報

踵(かかと)が痛い

スポーツをしているお子さんが『踵が痛い』といったら、もしかしたら『セーバー病』かもしれません。

ここのところ立て続けに来院してくることが多い、踵(かかと)の痛みに悩みを持つ学生アスリート。

 

成長痛(オスグッド病、シーバー病、グロインペイン症候群 ...

 

病院へ行って『セーバー病(シーバー病)』と診断されて、『なるべく使わないようにして、安静にしてればよくなるよ』って言われたのになかなか回復してこない。

『ただ休んでいればいいの?』(でも好きなスポーツをやりたい・・・)

『成長痛だからねって言われた』(いつになったら治ってくるんだろう・・・)

『このまま踵の痛みが治らなかったらどうしよう』(もう頑張っているサッカーできないのかな・・・)

そんな踵の痛みをを知って、ナニに気をつけ、どう向き合っていくのかの話。

 

そのスポーツを諦める必要はない

 

歩けないほどの痛みでも諦めることはありません。しっかりとその根本原因を探し出し対処することで、問題なくスポーツに向き合えられるようになります。

10歳前後に多いといわれていますが、実際には中学生にもみられる症状です。当院では、サッカー・バスケ・バレー・卓球などのスポーツに一生懸命な子が来院してきます。

成長期の子供に多いため『成長痛』と思われがちですが、ヒドくなると痛みで足をつけないほどになることもあるのです。

主な症状は、

・かかとを押すと痛い

・ジャンプをすると痛い

・走ると痛みがある

・つま先で歩くようにすると痛みが緩和軽減する

などです。

 

ナゼなってしまうのか?

 

一番の原因は日々の練習や試合などで身体が極端に疲労状態になったことで出始めること。そしてそれに対してのケアの不足。

↑これに伴って骨盤や、股関節、ヒザ関節、足関節が硬くなりそれぞれの可動域が少なくなり問題となっている。

身体のバランスの問題が多くの場合ではまります。

 

一般的には使いすぎや成長痛として扱われてしまうこの症状。実際にセーバー病になってしまった子供たちには痛みとしてもそうなのですが、気持ち的・精神的にもかなり落ちてしまう子供たちも少なくありません。

数日~数週間スポーツを休んでマッサージをして筋肉をほぐす。ストレッチを一生懸命する。

それで良くなってくるケースも多くあることも事実です。

ただ一番の根本原因は、その身体のバランスにあるのです。

 

『休んで回復したはずなのに、またやり始めたら痛くなるのはナゼ?』

 

来院してくる学生アスリートからよくある質問。

その答えは身体のバランスにあるためです。

身体のバランスが悪い状態で使っていると、特定の部分に対し負担が強くかかってしまうことになるからです。(それが踵だった、ということです。)

休んで痛みは回復したとしても、根本にある原因が取り除かれていないため繰り返してしまうのです。

自分でストレッチやふくらはぎをマッサージしても、なかなか回復してこない、そんな踵の痛みは『身体のバランス』を疑ってみてください。

 

身体が気持ちよく使える状態(バランス)をつくる。

それが一番大切。

そしたら身体も喜んで気持ちよく動きますよね。(*^-^*)

アクセスご予約・お問合せ
0535237688 メール予約・お問合せ LINE予約

浜松市北区でつらい症状にお悩みなら、
当院にご相談ください!

予約優先制

ご予約をおすすめします

053523768824時間LINE予約

静岡県浜松市北区細江町中川1980-1

駐車場:無料駐車場8台あり
天竜浜名湖線「金指」駅 徒歩7分

診療時間
平日 9:00~12:00/15:00~19:00
土曜 9:00~12:00/14:00~17:00
定休日
日・祝・水曜午前
採用情報

やまざき接骨院では、スタッフ募集を行っております。たくさんの方のご応募をお待ちしています。