• 診療時間
    平日 9:00~12:00/15:00~19:00
    土曜 9:00~12:00/14:00~17:00
    定休日
    日・祝・水曜午前
  • 予約優先 0535237688
  • line
  • MENU

新着情報

腰痛とバランス

腰痛でお困りの方はこれが不可欠。

体を快適に動かすための3要素!!

1、筋力

2、可動域

3、バランス

 

1、筋力

筋肉(筋力)は、身体を動かす上で非常に大切になる要素。歩く・立つ・座るといった動作、呼吸や発声、食事をとる嚥下といった行動も、筋肉がなければ行うことができません。すなわち全身を動かすために欠かせない要素です。

しかし、筋肉の量は加齢に伴い減少していってしまいます。ピーク時の筋肉量は、男性の場合は体重の約40%、女性の場合は約35%といわれています。これも30歳を過ぎたあたりから徐々に減りはじめ、80歳ではピーク時の7割以下にまで減ってしまうのです。

(また筋肉には熱を生み出す役割もあります。体内の糖質や脂質を分解し熱を発生させます(基礎代謝)。筋肉が多いほど基礎代謝量は増え、体の中の余分な糖質や脂質をどんどん燃焼させます。ダイエット効果にも大切。)

2、可動域

それぞれの関節が運動をおこなう際の運動範囲のことです。日常の動作や、体操をしたりと、体を動かす上でとても大切な要素のひとつです。

手をいっぱいに伸ばし上にあるモノをとる動作では、肩の関節をいっぱいに動かして取ろうとします。この可動域が大きく動かせることで、いろいろな動作や姿勢ができます。

3、バランス

立つ・歩くなどの日常的な動作をはじめ、すべての運動に対して欠かせない要素です。

このバランスが崩れることで、身体のあちこちに支障が出はじめます。

 

まとめると、、、

筋力(赤)・可動域(青)・バランス(黄)と身体にとって非常に大切な3要素

この3要素の輪が重なりあったところに、身体がいることが非常に大切になります。

3つの円イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

・ひざや股関節はしっかりと動くが、筋力がなくて足が上がらない(筋力低下)

・力が張らなくて起き上がれない(筋力低下)

・筋力があっても可動域が狭くなっているため、手が上に上がらない(可動域の減少)

・歩くことにまったく支障ないが、正座をすることができない(可動域の減少)

・歩くのに力をかけずらい(バランスの不良)

 

可動域があっても、筋力がなければ、しっかとと身体を動かすことはできない。

筋力があっても、可動域がなければ、しっかりと身体を動かすことはできない。

筋力や可動域はしっかりとしている・・・けど、バランスが悪くうまく動かすことができない。

 

すべての要素が合わさったところに身体があるということが、身体を動かす上で『非常にうまく使える』ってことになります。

『うまく使える』ということは、パフォーマンスが高く身体を動かすことができるということになります。

 

つまり、

 

ケガをしにくい身体になれる。ということです。

 

逆にこの3つの要素がくずれていると、腰痛といった症状(ひどくなるとヘルニアや坐骨神経痛などの症状)が出やすくなるということです。

 

『トレーニングをして腰の周りの筋力を強くするれば、腰痛はなくなるよ』といわれますが、これは正しいです。ただ、それも一つの要素に過ぎません。

 

身体を支え、動かすことに必要な筋力が大切

これと同じく身体を十分に使える可動域(柔軟性)が大切

それらをうまく動かすための、バランスが大切

 

これらを意識して身体づくりに取り組んでみると、もっとも効果的な結果がでてきます。

腰痛でお困りの方は、これをきっかけに少しだけ意識してみるといいですよ。

 

 

アクセスご予約・お問合せ
0535237688 メール予約・お問合せ LINE予約

浜松市北区でつらい症状にお悩みなら、
当院にご相談ください!

予約優先制

ご予約をおすすめします

053523768824時間LINE予約

静岡県浜松市北区細江町中川1980-1

駐車場:無料駐車場8台あり
天竜浜名湖線「金指」駅 徒歩7分

診療時間
平日 9:00~12:00/15:00~19:00
土曜 9:00~12:00/14:00~17:00
定休日
日・祝・水曜午前
採用情報

やまざき接骨院では、スタッフ募集を行っております。たくさんの方のご応募をお待ちしています。